.

受領したレシートの保存する必要はある?解答から最初に言うと義務は別にない。個人によっては保存することが個々人が会計した中身を持っておきたいという場合捨てなければよいのだろうし、もしもそういう証拠は無くても問題ないのであれば残す必要はないです。但し来る使用履歴との照らし合わせ作業をする時においては絶対レシートは必要です。明細レシートをそこまで最低限所持しておかないと、どちらでどれだけ利用したのか?が不明になるだけでは済まず、間違え・重複した請求がないかの照合すらすることができないからリスキーです。おそらくクレジットを利用した内容については明細レシートを保管していないと覚えていようがないはず。理想を言えば使用履歴が手元に届く1〜2ヶ月くらいの期間はしっかりとレシートを所持して欲しい。クレジットの利用レシート廃棄法》カードの明細レシート破棄のやり方はとにかく単純です。見ず知らずの人に不正な使用をされないよう、裁断して破棄するだけで問題ない。小さな裁断機などが自宅で利用できるならば念には念を入れて使っても良いだろう。なんと言ってもクレカの利用を証明する明細レシートであるがゆえ、カードNo等個人の情報について判別できるものがとても多く記載されています。普通の利用レシートと考えず破棄は用心して実施したほうがよいでしょう。尚、今では防犯対策のため明細レシートにクレジットNoなどの機密情報が書かれないケースもあるが、油断は禁物と思われます。

Copyright (c) 2000 www.carservicemarin.com All Rights Reserved.